開催ご挨拶


 東大阪・鴻池ジャズストリートは今年で10回目の開催とななります。

 9年半前、わたしたちは「鴻池の街を、ジャズをはじめとする音楽文化の発信拠点に」「音楽文化の発信を通じて鴻池をもっと元気な街に」を目標に実行委員会を結成し、毎年ジャズコンサートやジャズストリートを開催してきました。

 今年8月26日には特別企画プレイベントとして、今米緑地保全会と協力して「エディット・ピアフ物語」を上演し、地域の皆様に本物の文化に触れあって頂くことが出来ました。

 今年の“鴻池ジャズストリート”は、メイン会場の鴻池新田会所で29日に民謡と落語を、30日には同じく会所に加え鴻池新田駅から中鴻池リージョンセンターにかけての周辺会場ではジャズの生演奏がおこなわれます。歴史と文化、ジャズのコラボ、「東大阪・鴻池ジャズ」ならではの企画だと自信を持っています。

 質の高い芸能や音楽は心の栄養です。期間中たっぷりと楽しんで、満ち足りた幸せな気持ちで帰っていただけるよう、すばらしいジャズストリートを創っていきたいと思っています。

 ご協力をいただいた地域の皆さん、数多くの企業・団体、噺家とミュージシャンの皆さんそしてジャズと音楽の大好きな有志たちに厚くお礼を申し上げると同時に、今後とも「東大阪・鴻池ジャズ」に大きなご支援・ご協力を賜りますよう心からお願いいたしまして、開会にあたっての挨拶といたします。

 2016(平成28)年10月29日

東大阪・鴻池JAZZ実行委員会(旧大和川ストリート)

実行委員長  谷 口 晴 男